試験はどらくれい難しいですか?

・初心者講習(筆記試験):銃砲所持許可の前提試験
 講義の後に試験をする方式で、講義の内容をしっかり聴いていれば解ける問題ばかりです。

・初心者教習(実技試験);銃砲所持資格の前提試験
 銃の組み立ての試験は、慎重に行えばだれでも合格できます。操作の手順や方法を原点方式で採点されます。
 射撃の試験も操作手順や操作方法、クレーの的中率で判定されます。操作で7割以上、かつクレーを20発中3発的中すれば合格です。

・第一種狩猟免許(筆記試験)
 高校入試レベルで独学でも合格できます。7割以上の正答できれば合格。インターネット上に過去問もあります。

・第一種狩猟免許(実技試験)
 試験の1か月前の有料で受けられる講習を受ければ難しくありません。独学ではどうにもなりません。免許所持者に教えてもらったとしても、実際に模擬銃を扱うことは難しいため、おすすめできません。

・わな猟免許(筆記試験)
 高校入試レベルで独学でも合格できます。7割以上の正答できれば合格。他の狩猟免許試験と共通設問がありますので、他の免許所持者はその設問は免除されます。

・わな猟免許(実技試験)
 試験の1か月前の講習を受ければ合格できます。免許所持者に教えてもらった場合でも、試験場の罠と同じ罠があれば合格可能ですが、はこ罠・くくり罠と種類は同じでも、細部がことなるものが多数あるため、同じ罠が試験に出る可能性は低いです。

レスポンシブル




スポンサーリンク
レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大