よくある質問

必要な資格

30万円程度掛かります。第一種狩猟免許を取得し、中古の散弾銃で狩猟をする場合です。(参考サイト:https://news.mynavi.jp/article/20120518-hunter/

 罠にかけるためにはわな猟免許が必要です。
 また、罠にかけて良い期間(狩猟期間)が設定されているため、それ以外の期間にイノシシを駆除したい場合は、住居地の役所や役場に連絡し、駆除してもらってください。
 イノシシは素早く獰猛です。鈍器や刃物でも対処しきれません。
 農薬等で駆除することは禁止されていますので、ご注意ください。

・初心者講習(筆記試験):銃砲所持許可の前提試験
 講義の後に試験をする方式で、講義の内容をしっかり聴いていれば解ける問題ばかりです。

・初心者教習(実技試験);銃砲所持資格の前提試験
 銃の組み立ての試験は、慎重に行えばだれでも合格できます。操作の手順や方法を原点方式で採点されます。
 射撃の試験も操作手順や操作方法、クレーの的中率で判定されます。操作で7割以上、かつクレーを20発中3発的中すれば合格です。

・第一種狩猟免許(筆記試験)
 高校入試レベルで独学でも合格できます。7割以上の正答できれば合格。インターネット上に過去問もあります。

・第一種狩猟免許(実技試験)
 試験の1か月前の有料で受けられる講習を受ければ難しくありません。独学ではどうにもなりません。免許所持者に教えてもらったとしても、実際に模擬銃を扱うことは難しいため、おすすめできません。

・わな猟免許(筆記試験)
 高校入試レベルで独学でも合格できます。7割以上の正答できれば合格。他の狩猟免許試験と共通設問がありますので、他の免許所持者はその設問は免除されます。

・わな猟免許(実技試験)
 試験の1か月前の講習を受ければ合格できます。免許所持者に教えてもらった場合でも、試験場の罠と同じ罠があれば合格可能ですが、はこ罠・くくり罠と種類は同じでも、細部がことなるものが多数あるため、同じ罠が試験に出る可能性は低いです。

必要です。
・第一種(猟銃)、第二種(空気銃)、罠猟(はこ罠、くくり罠等)、あみ猟のいずれかの免許を取得
・上記の猟法について、猟をする都道府県に狩猟登録を行う
・第一種、第二種の場合、住所地の都道府県警察から銃砲所持許可を得る

狩猟

30万円程度掛かります。第一種狩猟免許を取得し、中古の散弾銃で狩猟をする場合です。(参考サイト:https://news.mynavi.jp/article/20120518-hunter/

 祖母の畑を荒らすハクビシンの駆除がきっかけです。
 また、ちょうどその頃(2015年頃)環境省主催の狩猟まるわかりフォーラムに参加し、野生動物による農作物の食害のひどさ、ベテラン猟師による体験談から、ジビエの魅力にひかれ狩猟をやろうと決意しました。

 銃で殺めるとき、ジビエのために食肉にする工程ときにそれぞれ罪悪感を感じます。だんだんと慣れるという話も聴きますが、完全になくなることはないでしょう。
 私の知る範囲では、ハンティングをスポーツとして楽しむ人たちも、多くは上手く撃ち落とせたことに喜びを感じるのであって、殺すことが楽しみの人はほとんどいません。

禁漁区や農作物の残菜があるところなど、人気がなく餌があるところに多くいます。ただし、半日探してようやく1頭(1羽)ということも少なくないため、根気が必要です。

 使用できる銃は指定されています。日本では主に散弾銃(ショットガン)、ライフル、空気銃の使用が許可されています。拳銃や自動小銃は使えません。
 また、ライフルは散弾銃を10年間問題なく使用できたもののみが使用でき、千葉県など一部の都道府県では使用できません。

自動銃をおすすめします。その理由は以下3点です。

1.装弾数が多いこと
装弾数が3発と上下二連銃や水平二連銃よりも多く、狙いが外れたときにより多く撃つことができます。

2.他に比べ価格が安いです。

3.絞りをチョークの付替えで可能なため汎用性があり、鳥と獣の双方を狙えます。

Load More

スポンサーリンク
レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする